りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談

あなたと同じように旦那の早漏と向き合いながら改善に取り組んできた体験談などをご紹介しています

セックスのお悩み

セックスで彼女をイカせるのが「面倒」な男子へ

更新日:

こんにちは!
元早漏の旦那に毎日イカされているりんこです!
って嘘です・・。

セックスが嫌いではない(むしろ好き)なりんこですが、中でイクのは結構レアケース。
女性って元々イキにくい生き物なのです。

だから「イカせるのが面倒」なのは当然のこと。
りんこの数少ない?経験からすると、「イカせる努力をしなくてもオッケー」です。

特に膣イキは難易度が高いので、イカせるのが面倒な男子諸君はクリ逝きを目指してください。
それも面倒なら道具に丸投げしちゃいましょう。

では早速具体的な方法をご紹介します。
最後にセックスで女性がイク割合を調べた調査結果もまとめてありますのでお楽しみに!

女性のオーガズムは中とクリの2種類あり。面倒ならクリ責め推奨

女性のオーガズムは大きく分けて、「中イキ」と「クリトリスイキ」の2種類あります。

中イキは全身が痙攣してボーっとしてしまう「本当の絶頂」です。
アダルト動画などで女優さんがイクというのはこちらの中イキ。

クリトリス逝きはその名の通り、クリトリスを刺激することで得られる絶頂です。
中イキよりも絶頂の時間が短く、気持ちよさも少し劣ります。

ではそれぞれのイカせる方法をご紹介します。

中イキはハードル高い!膣でイカせたいなら2人で協力する必要あり

最初からイクのは不可能なので、地道な開発をコツコツ続ける必要があります。
女性を中イキさせるために必要な手順はこちらです。

  1. 開発…中イキスポットを刺激して感じやすい体にする
  2. 開発セックスを10回継続
  3. 前戯…挿入前に彼女が我を忘れて乱れるほど前戯をする
  4. 挿入…愛液がたっぷり分泌されて、脈が速くなり顔が赤くなっていることを確認してから挿入する
  5. 中イキスポットを刺激
  6. もしかしたらイク

このように女性を中でイカせるためには長い道のりが必要です。

「それでも頑張るんだ!」と言う人はじっくり読んでください。
面倒くさいな、と思ったらイク原理を知るためにサっと目を通すだけでオッケーです。

Gスポットの場所と刺激法

Gスポットとは、膣に第二関節まで指を入れて、曲げた時にぶつかるザラザラした分かりやすい場所です。
場所が見つかりやすい上に、ほとんどの女性が気持ちよいと感じますので、初心者向きのポイントだといえます。

中イキはしづらいりんこですが、Gスポットを刺激してもらうと気持ちよいですし潮吹きすることもあります。

もう1か所のGスポットは、先ほどのGスポットの反対側にあります。

ペニスで刺激するのはちょっと大変ですし、全ての女性が感じる訳ではないので無理はしなくても大丈夫です。

Gスポットが見つかったら、指やペニスで刺激してください。
指で刺激する場合は、爪を切るのを忘れずに。

ペニスでも指でも、同じ場所を刺激しすぎると痛みを感じることがありますのである程度彼女が感じていれば、他の場所をついてあげましょう。

ポルチオ性感帯を無理やり痛がる可能性も

さらに難易度が高いのがポルチオ性感帯です。

ポルチオ性感帯は子宮口近くにある固い部分で、快感度はGスポットを上回ります。

ただ、慣れていなければ「ただひたすら痛い」と思う女性が多いです。

ポルチオ性感帯を開発するのは、「長年連れ添った夫婦」や「何でも言える間柄のカップル」だけにしたほうが良いと思います。

「痛いからやめて」とはっきり言える間柄、そして「やめて」と言われて傷つかない関係になっていなければ彼女にとってセックスは苦痛になってしまいます。

身体の開発を目的としたセックスとイカせるセックスのポイント

Gスポットやポルチオ性感帯の場所が分かったら、セックスのたびに刺激して快感を彼女の体に刻み付けましょう。

開発が完了したら、しっかりと前戯をして彼女を気持ちよくさせた上で心を解放させて、挿入します。

彼女が本当に感じているかどうかのチェックポイントは

  • 「顔の紅潮」
  • 「早い脈」
  • 「本物の喘ぎ声」

です。

感じているようでも、脈がゆっくりだと演技の可能性があります。

いくら中イキスポットを刺激していても「彼女の心の準備」が出来ていなければ、中イキは不可能なので前戯でしっかりと感じさせることが大切です。

最後に中イキ法をまとめておきますね。

  • 中イキスポットを十分に開発する
  • 開発が完了したら彼女が喘ぎまくるほど前戯する
  • 挿入したら中イキスポットをペニスで刺激する

面倒ならクリトリスでイカせてあげて

「中イキとかハードル高すぎて面倒なんですけど」
と言う面倒くさがり男子の声が聞こえてきたので、もっと簡単なクリ逝きについてお話しますね。

クリトリスは、表面に出ているので場所が分かりやすいですし指や挿入中の刺激によって、気持ちよくなりやすいので、ほとんどの女性がイクことができる場所です。
クリトリス逝きは開発しなくても、大丈夫。

ただし、男性がクリトリスを触る時は刺激が強すぎることが多いので、強くしつこく触るのはNG。

表皮の上から優しく円を描くようにマッサージしてみましょう。
最初はあんまり反応しなかった彼女も、段々と足に力を入れて感じるようになります。

彼女の息が荒くなって眉間に皺を寄せてきたら、そろそろイクサインです。
早い人では5分以内、長い人でも15分も刺激すればイキます。

とにかく面倒な人は道具で責めるべし

「中イキだけじゃなくて、クリトリスイキも面倒だよ。5分触り続けるとか勘弁」
と言う超絶面倒くさがり男子は道具プレイに挑戦してください。

道具なら、勝手にイってくれるのでその間ぼーっとしておけばオッケーです。
ただし、中イキ開発済みであれば道具でも中でイケますが、彼女が未開発であればクリ逝きだけなので、注意してくださいね。

りんこがおすすめビギナー向けローター

まずはおなじみのローターです。

サイズが小さいので挿入するよりも乳首やクリトリスに直接当てたほうが気持ちよいです。

りんこはローターをクリトリスにあてたら5分も持たずにイってしまいます。
はじめてローターを使う人には刺激が強すぎるかもしれないので、パンツやタオルの上から当ててあげるとよいでしょう。

彼女がイったらしばらくは、刺激されても気持ちよくないのでローターを当てないでくださいね。

慣れたらちょっと大きめのバイブに挑戦

ローターの刺激に慣れてきたら、次はバイブに挑戦です。

りんこがおすすめするのは、二股に分かれていて、挿入しながらクリトリスを刺激することができるタイプのバイブ。

クリトリス逝きを覚えた女性は、中と同時にクリトリスを刺激されると激しい快感を覚えるので、より激しくイってくれます。

大きさはご自身のペニスかちょっと大きめのものでオッケーです。
(ただ、りんこ的にはあまり大きなバイブを入れられても、気持ちよくありません。)

そもそも本当にあなたの彼女はイっているの?

ここまでりんこが、一生懸命女性がイク方法をご紹介してきましたが、そもそも疑問に思っていることがあります。

「イカせるのが面倒って言ってる男性は多いけど、セックスパートナーの彼女は本当にイってるの?」

実は、日本の女性がセックスでイク確率はかなり低いのです。
女性がイク割合のデータとともにりんこの本音を暴露します。

データあり!セックスでイったことがある女性の割合

では早速、女性がセックスでイっている割合をご紹介します。

ご紹介する調査結果は「ジェスクジャパンセックスサーベイ2013」という『一般社団法人日本家族計画協会』とコンドームメーカーのジェスク株式会社が共同で行っている調査です。

ほぼ毎年行われていますが開催年によって質問内容が異なりますので「女性がイク」割合について調査している2013年の結果をご紹介します。

2013年12月に20歳から69歳の男女106,871人にアンケートを配信して、そのうち有効な回答が得られたのは5,570人という大規模な調査なので、結果もかなり信憑性があると思います。

20代・30代女性のオーガズムに達する割合

どうですか?

20代、30代女性で「いつもイク」って言っているのは「20代で11.5%、30代で8.8%」とかなりのレア人種なのです。

まったくイカないと言っている人もそれぞれ20%以上存在します。

これを見ればわかると思いますが、「イカせるのは面倒」なのは当たり前。
そもそも女性は男性ほど毎回イク生き物ではないのです。

たまにイクとまったくイカない人を合計するとほぼ50%。
半分の女性はイカないと思ってよいと思います。

ではりんこは?というと中でイクことはかなりのレアケースで、ほとんどがクリトリス逝きです。
クリトリス逝きと言っても、直接ローターや指で刺激するのではなく挿入中に恥骨などでクリトリスが摩擦されてイっています。

女性の約7割がイク演技をした経験アリ!りんこも実は・・

ではお次は女性の演技についての調査です。
こちらは「J・SPA!」が2013年に全国の25歳から39歳の女性に実施した「セックスを10回してイクふりをした回数は何回あるか?」の調査結果です。

セックス10回中、何回イクふりをするかの割合

なんと女性の66%がセックス10回のうち1回以上はイク演技をしているのです。

りんこは?というと、実はイったふりをすることはあります。
回数的には10回に3回ぐらい。

『イったふりでだますなんてひどい!』と思うかもしれませんが、世の中の男子諸君が「女性は突けばイクもの」と思い込んでいるので「イカなきゃかわいそう」とか「申し訳ない」という気分になって演技をするのです。

決して悪気はないんですよ。
ちなみに、イク演技以外にも「いかにも感じている表情」を作ったり「大きめの喘ぎ声」を出したり「シーツを握りしめる」といったプチ演技は日常茶飯事です。

うふふ。
女って怖いですね。

だからと言って、セックスが気持ちよくない訳ではないのでご安心ください。
演技をしながらもしっかり感じていますよ。

まとめ

調査結果でも分かったように、セックスのたびにイク女性はレア人種です。

イっていると思ってもイク演技をしている女性も多いので、あなたの彼女も本当にイっているとは限りません。
だからそんなにイカせることに躍起にならなくてもオッケーです。

女性が一番気持ちよいのは中イキですが、中イキするようになるためには開発が必要ですし、セックスの度に全力で前戯しなければいけません。

それが、面倒臭いと思うなら、クリトリス逝きや道具責めをおすすめします。

どちらにしても、「毎回イカせること」を義務と思わずお互いに気持ちよくなるためのセックスをしましょうね。

-セックスのお悩み
-, ,

Copyright© りんこ夫妻がゆく!早漏改善体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.